歯科

歯科診療

動物の歯はヒトよりも虫歯になりにくい環境になっています。一方で歯石は非常につきやすく、5歳以上の動物の90%は歯周病になっていると言われています。細菌が集まった歯垢が唾液の中のカルシウムと混ざると固い歯石になります。要するに歯石はばい菌の塊なのです。

  歯石をほうっておくと・・・

  1.臭い

  2.歯が抜け、痛みがでる

  3.歯の根元が化膿して、膿がたまる

  4.口と鼻が開通して鼻炎が起こる

  5.菌が血液に入って、心臓疾患・腎臓疾患・肝臓疾患を引き起こす

 

歯科診療

  

と様々な問題が発生します。口の中が汚い、口臭が気になるなど歯周病かもしれないと思われる場合には早めの診察をお勧めします。

まずは歯石がつかないように予防することが大事です。

  1.ドライフードを食べさせる
    (固いドライフードを噛むことで、歯垢がとれます)

  2.歯磨きガム
    (丸のみして食道につまらないように注意してください)

  3.歯磨き
    (歯ブラシやデンタルシート)

  4.リーバスリー
    (歯石が柔らかくなって自然ととます)

歯科診療

  

 

歯磨きガム・歯ブラシ

歯磨きガム・歯ブラシ

デンタルシート

デンタルシート

リーバスリー

リーバスリー

麻酔下の歯石除去

もしついてしまったら
無麻酔・あるいは全身麻酔で歯石を取ります。全身麻酔の歯石除去は予約制です。

①処置前

①処置前

②スケーリング

②スケーリング
歯に傷を付けない様に歯科用超音波スケーラーという機械を使って歯の表面の歯石を除去します。

③ポリッシング(研磨)

③ポリッシング(研磨)
歯石を取ったあと、ポリッシングの機械を使って歯の表面を研磨してツルツルにします。

④処置後

④処置後

その他の歯科処置

乳歯遺残

犬の乳歯は通常生後6か月で永久歯に生え変わります。永久歯が生えてきているのに乳歯が抜けずに残っている状態を乳歯遺残といいます。乳歯を放置していると将来歯周病を起こしやすくなります。

もし乳歯が残っていたら抜歯することをお勧めします。避妊・去勢の際に同時に処置することも可能です。

口鼻瘻管

乳歯遺残

歯肉フラップ

乳歯遺残

口鼻瘻管

わんちゃんの犬歯の根元はとても深く、歯根のすく上には鼻道があります。歯周病で犬歯歯根が腐ってしますと鼻と口に通じる穴(口鼻瘻管)が開通し、鼻炎が止まらなくなってしまいます。

犬歯を抜歯し、空いた穴を粘膜フラップ手術によって塞ぐことができます。

口鼻瘻管

処置前

歯肉フラップ

処置後

歯根膿瘍

犬のオーラルケア
求人募集
初診料無料クーポン
空き状況検索
症例ブログ
ペットホテル
さとおや会 RADAC
アクサペット保険
P&F
動物ナビ
アニコム損害保険株式会社
アイペット損害保険会社
ドクターズ・ファイル

緊急時間外対応について

緊急の場合はまずは
お電話でご連絡下さい。

精一杯頑張りますが、休診日などやむを得ず病院携帯のつながらない場合もあり、100%対応できない場合もありますのでご了承ください。
*診察料の他に時間外料金がかかります。
クレジットカード