眼科

眼科診療

動物は人間より嗅覚や聴覚が優れています。目が見えなくてもそれなりに適応してしまうため、自分の家の子が視力がないのに気付いていない飼い主様もたくさんいらっしゃいます。

白内障や緑内障等早い段階で治療を開始することにより進行を遅らせることができる病気もありますので年1回の検診をお勧めします。

当院では初期の病変を診断するため、さらには肉眼ではわからない病変を発見するために様々な眼科検査を実施しています。

眼科診療

以下の症状があるようでしたらご相談ください。

  • 暗い所でぶつかる様になった。散歩に行きたがらない
  • 目ヤニが出る
  • 目が赤い
  • 目が白い
  • 涙が多い

当院ではそのまま見て観察する(視診)以外に、以下の追加検査を必要に応じて行っております。

角膜染色

フルオレセインという染色薬を用いて、肉眼では分からない小さい傷がないか確認します。

涙量検査(シルマーティア検査)

涙の量を調べる検査です。


試験紙を瞼にはさみ、1分間に吸い上げられた涙液量を測定します。


ドライアイ(乾性角結膜炎)では涙の量が減少します。

眼圧測定

トノ・ベットという眼圧計を使用して眼の圧力を測定する検査です。


緑内障では眼圧が上昇します。


トノ・ベットによる眼圧測定には痛みがないので麻酔が必要なく、

動かなければ数秒で測定が可能です。

スリットランプ(細隙灯)検査

このスリットランプという顕微鏡を使用して角膜、前房、水晶体などを検査します。

この検査では角膜表面の病気・ブドウ膜炎・白内障の有無などがわかります。

多くの情報が得られる検査で、眼の詳細なチェックには欠かせない検査です。

眼底検査

非球面レンズを使用して眼底(網膜・タペタム・視神経)を観察する検査です。


散瞳剤を点眼して瞳孔を広げることにより、黒目で隠れていた部分が観察できるようになります。


当院では非球面レンズレンズを使用して観察をしています。


網膜疾患、視神経の異常などが診断できます。

エコー検査

眼球に超音波プローブをあてて、内部構造を確認する検査です。


網膜剥離、眼底(目の奥)の腫瘍等が診断できます。


代表的な眼科疾患

白内障

水晶体と呼ばれる眼球の中のレンズが透明性を失い白く濁ってしまう病気です。

全体が白く濁ってしまい病態が進行すると視力障害が認められるようになります。

原因として、先天性、代謝性(糖尿病に併発)、遺伝性(フレンチブルドッグやボストンテリアなど)、外傷性、加齢性などがあります。

白内障は程度により初発白内障→未熟白内障→成熟白内障→過熟白内障と4つのステージに分類され、

初発では視力の障害は認められませんが、成熟~過熟ではものにぶつかったりします。

また、白内障が進行すると緑内障などの他の眼の疾患も併発することがあるため注意が必要です。

治療法としては、白内障の進行を抑える目薬の使用や外科手術があげられます。

 

犬の白内障

緑内障

眼圧(=眼球内部の圧力)がなんらかの要因により上昇した状態のことです。

その状態が続き、視神経の圧迫を引き起こすと、視力の低下ならびに喪失につがなります。

原因として先天性(稀)、原因不明の原発性、続発性(水晶体脱臼、ブドウ膜炎、腫瘍性疾患、網膜剥離など)などがあげられます。

症状として、疼痛や角膜浮腫(目の表面が白濁)、結膜の充血、散瞳、視力の低下・消失などがあります。

緑内障は緊急疾患ため、診断された場合は早急に眼圧を下げる必要があります。

治療法としては内科治療や外科治療があります。

柴犬、アメリカンコッカースパニエルに多い病気です。     

進行性網膜萎縮

眼の奥にある網膜が進行性に変性することにより、網膜が委縮してしまう(薄くなってしまう)眼疾患で、進行に伴い視力の喪失が起こります。

多くの犬では、初期には夜盲症と呼ばれる暗いところでの視力の低下が認められ、進行に伴い視力の消失が認められます。

有効な治療法は確立されておらず、発症してしまうと最終的に失明に至ります。

慣れた環境であれば、それまでと変わらない生活を送れることが多いため、物の配置換え等の急激な環境の変化を行わないように注意しましょう。

第三眼瞼腺の脱出(チェリーアイ)

2歳までの若齢に多く認められ、目の内側にある第三眼瞼腺(=瞬膜腺)が脱出する疾患です。

初めは片側だけ脱出している場合でも、時間差で反対側が脱出することもあります。

原因は、第三眼瞼腺を固定する結合組織の遺伝的欠損や、発育異常などが考えられています。

コッカースパニエルやボストンテリア、シーズー、ビーグル、チワワなどに多く認められます。

症状が軽度であれば、綿棒などで押し戻し、点眼薬を使用することで改善することもありますが、

整復できない場合や再発を繰り返すときは外科手術による整復が必要です。

角膜外傷

眼球の最も外側の部分を角膜といいます。

角膜に傷がついてしまうと、羞明(眩しそうにする)や流涙、結膜の充血などの症状を起こし、ひどくなると角膜穿孔につながります。

フルオレセイン染色試験で診断することが可能です。

治療法としては、エリザベスカラーの着用、ヒアルロン酸ナトリウム点眼などによる角膜保護、時には抗生物質の点眼や内服などを実施します。


角膜黒色壊死症

猫の角膜に発生する黒色の壊死です。

原因はヘルペスウィルスの感染や慢性的な角膜の刺激だと言われています。

痛みで涙が多くなり、眼が開けられなくなります。

軽度な場合は点眼治療、重度な場合は手術が必要となってきます。

求人募集
初診料無料クーポン
空き状況検索
症例ブログ
ペットホテル
さとおや会 RADAC
アクサペット保険
P&F
動物ナビ
アニコム損害保険株式会社
アイペット損害保険会社
ドクターズ・ファイル
caloo・ペット
幸区ドクターズ

緊急時間外対応について

緊急の場合はまずは
お電話でご連絡下さい。

精一杯頑張りますが、休診日などやむを得ず病院携帯のつながらない場合もあり、100%対応できない場合もありますのでご了承ください。
*診察料の他に時間外料金がかかります。
クレジットカード