その他の手術

避妊手術・去勢手術(停留睾丸摘出術含む)

● 一般歯科処置(抜歯・歯石除去・口鼻瘻管歯肉フラップ)

 消化器外科(胃切開・腸切開)

 泌尿生殖器外科(膀胱切開術・会陰尿道婁・帝王切開術・子宮蓄膿症)

 眼科(第三眼瞼腺整復術・眼球摘出術)

 整形外科(大腿骨頭切除術)

 ヘルニア整復(臍ヘルニア・鼠径ヘルニア・会陰ヘルニア整復術・横隔膜ヘルニア整復術)

 腫瘍摘出術(乳腺腫瘍・肥満細胞腫・扁平上皮癌・セルトリ細胞腫・腺癌・血管肉腫・・・・)

 その他(脾臓摘出術・口蓋裂整復術・耳血腫・断脚術・狼爪切除術)


症例のご紹介

脾臓腫瘤

脾臓は血液を貯える臓器でお腹の中にあります。お腹の中に隠れているため、皮膚の腫瘍と違って発見が遅れてしまいます。自覚症状もない為、破裂して出血してから緊急で手術ということもしばしばあります。この子はたまたま健康診断で発見し、手遅れになる前に手術が出来ました。今は元気になっています。

舌腫瘤

 口の中に出来た腫瘍です。舌が上手く動かせなくなり、食べたい意思はあるのに食べられません。切除することによって食事が食べられるようになりました。

子宮蓄膿症

 避妊していない高齢の女の子に見られます。  子宮に感染を起こし、膿が貯まり子宮が大きく腫れます。進行すると敗血症、子宮破裂、貧血、腎不全になり、死に至ります。早期に発見し、手術すれば助かります。元気・食欲がない・水をたくさん飲む・陰部から膿が出ている等の症状が出たら早めに診察を受けてください。   

レッグペルテス

  小型犬に多いレッグペルテス(大腿骨頭壊死)や股関節脱臼の手術です。 股関節に病気があると痛みが激しく肢をつかなくなってしまいます。大腿骨頭を切除することによって痛みを和らげ、通常の歩行が可能になります。   

腸内異物

 糸状の異物を飲み込んでしまった猫ちゃんです。糸が小腸に絡まってしまうと腸が裂けたり壊死してしまいます。早めであれば内視鏡で取り出せますが、時間が経つとお腹を開けなければなりません。猫はおもちゃや紐が大好きなので、十分注意しましょう。   

胃拡張

 胃の中にガスが大量にたまり、苦しくて吐きたくても吐き出せません。放っておくと胃や脾臓が壊死し、ショック状態になり、死に至ります。今回は内視鏡で胃の中のガスを抜き、洗浄して元気になりました。   

会陰ヘルニア

求人募集
初診料無料クーポン
空き状況検索
症例ブログ
ペットホテル
さとおや会 RADAC
アクサペット保険
P&F
動物ナビ
アニコム損害保険株式会社
アイペット損害保険会社
ドクターズ・ファイル

緊急時間外対応について

緊急の場合はまずは
お電話でご連絡下さい。

精一杯頑張りますが、休診日などやむを得ず病院携帯のつながらない場合もあり、100%対応できない場合もありますのでご了承ください。
*診察料の他に時間外料金がかかります。
クレジットカード