産科(専門診療)

当院は帝王切開の対応病院です。

犬は安産のお守りになっているので安産だと思われることがありますが、実際は難産で帝王切開の場合も少なくありません。

その場合、胎児だけでなく母体も命の危険があります。

難産の場合は速やかに帝王切開する必要があります。

ブリーダーさんの特別料金も設定してありますのでお問い合わせください。


①交配適期の診断

  一般的には発情出血から10日~14日頃が交配適期といわれます。

  当院ではスメア検査により大まかな目安をつけることが出来ます。

②妊娠診断

  交配後最短30日以降にエコー検査をし、妊娠の有無を診断します。

  交配後50日以降にレントゲン検査をし、胎児数の確認・胎児時の大きさの確認をします。

③妊娠期間

  犬の妊娠期間は平均62日(58~64日の幅あり)といわれます。

④出産

  出産1日前から体温の低下が見られます。基礎体温をチェックし、1℃以上低下したら間もなく出産です。

  陣痛が起き、出産が始まります。20分~60分の間隔で出産します。

⑤出産後の対応

  基本的には母犬が全て対応するので見守っていてください。

  母犬が出産後の処置をしまい場合、飼い主様が羊膜や胎盤の処理をします。

  人口哺乳が必要な場合もあります。


難産に対する帝王切開

     下記のような場合は難産と判断し、早急に帝王切開が必要になります。

  すぐにお問い合わせください。もし夜間・休診日で当院対応が不可能な場合、夜間動物病院にご連絡ください。

    ①大きな陣痛があるのに胎児が産まれない

    ②破水しているのに胎児が産ませない。

    ③胎盤や胎児の身体の一部が出ているのに産まれない

    ④母犬の具合が悪くなってきた



求人募集
初診料無料クーポン
空き状況検索
ペットホテル
さとおや会 RADAC
アクサペット保険
P&F
動物ナビ
アニコム損害保険株式会社
アイペット損害保険会社
ドクターズ・ファイル
caloo・ペット
幸区ドクターズ

緊急時間外対応について

緊急の場合はまずは
お電話でご連絡下さい。

精一杯頑張りますが、休診日などやむを得ず病院携帯のつながらない場合もあり、100%対応できない場合もありますのでご了承ください。
*診察料の他に時間外料金がかかります。
クレジットカード